現在の状況

空間放射線量率

  •  観測局で観測している空間放射線量率は、ガンマ線による空気吸収線量率(Gy/h:グレイ毎時)という物理量です。空気吸収線量(Gy:グレイ)とは、1kgの空気が放射線を受けることで得るエネルギー(J:ジュール)の量で定義されています。放射線の強さは、単位時間当たりに受けるエネルギーになるので、1時間当たりに放射線から受けるエネルギー量(Gy/h)を放射線の強さと定義しています。

    放射線量の単位Gy
  •  観測局では、物理量として計測される空気吸収線量率(Gy/h)の観測を行っていますが、人体への影響の大きさを表す線量当量率(Sv/h:シーベルト毎時)に換算した表示を行っています。
     本ホームページでは、1[μGy/h](マイクログレイ毎時) = 1[μSv/h](マイクロシーベルト毎時)として換算し表示しています。
     線量当量(Sv:シーベルト)とは、放射線が人体に与える影響を尺度とした指標で、正式には物理量として計測できる吸収線量(Gy:グレイ)を基にして、放射線の種類や放射線のあたった体の組織に応じた係数を乗じて求められます。

    放射線量の単位Sv

空間放射線量の測定のしくみ

  • 低線量検出器(NaIシンチレーション検出器)

     放射線(ガンマ線)が、NaIの結晶に当たると光を放つ現象を利用して計測を行うもので、数ナノGy/h(10-9Gy/h)の低線量まで、正確な測定が可能です。
     一方、空間放射線量率が高くなると発光数が増えすぎ、正確なカウントができなくなることから、数マイクロGy/h(10-6Gy/h)が計測の上限となっています。

    低線量検出器の内部構造
  • 高線量検出器(電離箱)

     放射線が気体に当たると電離(イオンと電子に分かれる)する現象を利用して計測を行うもので、100ミリGy/h(10-1Gy/h)程度まで、測定が可能です。

    高線量検出器の内部構造

ページの先頭へ